1. 初めての英語、繰り返して [ 4/3 ]
  2. カード使い、曲に合わせ [ 4/10 ]
  3. 動作に英語を重ねて [ 4/17 ]
  4. “英語の壁” 歌で超える [ 4/24 ]
  5. 五感を働かせて学ぼう [ 5/1 ]
  6. 会話のきっかけ大切に [ 5/8 ]
  7. 大切にしよう くだけた表現 [ 5/15 ]
  8. 自然な会話のきっかけを [ 5/20 ]
  9. 相手の言葉に 誠意を持って [ 5/29 ]
  10. 失敗を恐れず、少しずつ前へ [ 6/5 ]
  11. 多様な個性に合った学習を [ 6/12 ]
  12. 読書を楽しみ、異文化に触れる [ 6/19 ]
  13. 耳で覚えよう 速い英語 [ 6/26 ]
  14. くだけた表現で自然な会話を [ 7/3 ]
  15. 会話をつなぐ意思を明確に [ 7/10 ]
  16. 思いやり 日米の違い [ 7/17 ]
  17. 説明する力をつけよう [ 7/24 ]
  18. 繰り返し聞いて確認しよう [ 7/31 ]
  19. 電話の英語表現を覚えよう [ 8/7 ]
  20. 「副詞」の表現を覚えよう [ 8/21 ]
  21. エピソードを語る場合は [ 8/28 ]
  22. カタカナ離れて英語の発音を [ 9/4 ]
  23. お見舞いは、言葉に出そう [ 9/11 ]
  24. 互いを語り、友達になろう [ 9/18 ]
  25. さよならの言葉は [ 9/25 ]

Hi,Aunt Joanne. This is Mikey! もしもし、ジョアンおばさん、マイキーです。
Who? Monkey? どなた? モンキーさん?
No, Mikey! Your nephew  living in Japan!
マイキーです!日本にいる甥っ子ですよ。
Oh! I see. Did you say JAPAN!? あら、そうね。え、日本ですって?

18.繰り返し聞いて確認しよう

    アメリカにいる若作りのジョアンおばさん(70)に電話した時です。
    耳が遠いのに補聴器は嫌い。そんな具合なので、電話で何度も同じことを繰り返すはめになります。
    だけど、電話では、これは普通のこと。みなさんも、繰り返して確認するのはOKですよ。
    電話やクラスルームで会話するとき、単に情報交換するだけでなく、 分からなければ質問をして確認する必要があります。
    話の流れを考えて、正確に理解し、その都度、内容を確認するようにしましょう。
    相手が言ったことが分からなかったら、え?と聞き返す代わりに、 I’m sorry, I don’t understand.や  Pardon me. さらに聞く時は、 Could you repeat that again?と尋ねてみてください。
    また、重要な点は確認することも忘れずに。
    I’m sorry,did you say…?/Could you spell that, please?/ Sorry, it’s at (what time)?/ Excuse me, your address is what? などが使えます。 内容確認には、Do you mean…?や So you are saying…?と聞きましょう。
    もし相手がこちらを理解していないようなら、What I mean is…や、 I’m sorry, I said….と始め、先に話したことを、 もう一度分かりやすく言い直す必要があります。
     POINT 
    そして何より大切なのは、こちらが理解していることを相手に示すことです。
    はい、と言う代わりに、I see. /Right. /Uh‐huh. /Yeah.  /Mmm.と相づちを打ちます。
    これらの表現を用いて確認すれば、黙り込んで自分のリスニングの心配をする必要はありません。
    もう一度、聞けばいいのです。ここに挙げたのは、とても自然な表現です。
    ジョアンおばさんと話すときには、たとえ分かってもらえなくても、十分に役立ちます。
    She still doesn’t understand me to this day.