1. 初めての英語、繰り返して [ 4/3 ]
  2. カード使い、曲に合わせ [ 4/10 ]
  3. 動作に英語を重ねて [ 4/17 ]
  4. “英語の壁” 歌で超える [ 4/24 ]
  5. 五感を働かせて学ぼう [ 5/1 ]
  6. 会話のきっかけ大切に [ 5/8 ]
  7. 大切にしよう くだけた表現 [ 5/15 ]
  8. 自然な会話のきっかけを [ 5/20 ]
  9. 相手の言葉に 誠意を持って [ 5/29 ]
  10. 失敗を恐れず、少しずつ前へ [ 6/5 ]
  11. 多様な個性に合った学習を [ 6/12 ]
  12. 読書を楽しみ、異文化に触れる [ 6/19 ]
  13. 耳で覚えよう 速い英語 [ 6/26 ]
  14. くだけた表現で自然な会話を [ 7/3 ]
  15. 会話をつなぐ意思を明確に [ 7/10 ]
  16. 思いやり 日米の違い [ 7/17 ]
  17. 説明する力をつけよう [ 7/24 ]
  18. 繰り返し聞いて確認しよう [ 7/31 ]
  19. 電話の英語表現を覚えよう [ 8/7 ]
  20. 「副詞」の表現を覚えよう [ 8/21 ]
  21. エピソードを語る場合は [ 8/28 ]
  22. カタカナ離れて英語の発音を [ 9/4 ]
  23. お見舞いは、言葉に出そう [ 9/11 ]
  24. 互いを語り、友達になろう [ 9/18 ]
  25. さよならの言葉は [ 9/25 ]

“What’s your telephone number?” あなたの電話番号は?
“123‐4567”
“That’s my telephone number.” それが私の電話番号です。

4.“英語の壁” 歌で超える

    4人のクラスで一番小さいシュウヘイくんは6つ。
    いつもニコニコ、ちょっとはずかしがり屋さん。
    小さな声は、友だちの大きな声にかき消されてしまいます。
    だけど歌の時間が来ると、おもちゃのマイクをしっかり握り、待ち構えます。
    マイキーは、はっきりした発音でゆっくり“What’s your telephone number?” (ワッツユア テレフォンナンバー)というsongを歌います。
    ぴったりの曲なのですが、日本のみなさんにはあまりなじみがないので、 これに合った簡単な節を考えてください。例えば「ちょうちょう」など。
    CDをかけ、リズム(rhythm)に乗ってみんなで一緒に歌います。
    シュウヘイくんは、曲がかかるたびに、ソロで歌うようになりました。
    最後には、それぞれの電話番号を英語で確認。みんながマイクを持って、大変です。
    “What’s your…?”は応用範囲も広く、height(背の高さ)、 favorite(最も好きな) songなどに使えます。
    尋ねるものが複数なら“What are your …?”となりますよ。
     POINT 
    子どもは、歌を通して学ぶ能力を持っています。「music smart」です。
    歌を聞いて歌い、手拍子を取り、口ずさむ。歌は鮮明に記憶に残ります。
    子どもはレッスンで学んだ英語の歌を、家で歌います。
    日常生活の中でできるだけ英語に親しんでください。
    歌は、日常と教室の間にそびえる「英語の壁」(English barrier)を破ってくれます。
    子どもが歌を口ずさみながら帰っていく時、壁がうまく突破された瞬間です。
    もう一つ重要な点は、非常事態に備えて自分の電話番号を覚えておくこと。
    安全策として、すべての子どもに必要です。アメリカでは、重要な幼児教育の一つです。