1. 初めての英語、繰り返して [ 4/3 ]
  2. カード使い、曲に合わせ [ 4/10 ]
  3. 動作に英語を重ねて [ 4/17 ]
  4. “英語の壁” 歌で超える [ 4/24 ]
  5. 五感を働かせて学ぼう [ 5/1 ]
  6. 会話のきっかけ大切に [ 5/8 ]
  7. 大切にしよう くだけた表現 [ 5/15 ]
  8. 自然な会話のきっかけを [ 5/20 ]
  9. 相手の言葉に 誠意を持って [ 5/29 ]
  10. 失敗を恐れず、少しずつ前へ [ 6/5 ]
  11. 多様な個性に合った学習を [ 6/12 ]
  12. 読書を楽しみ、異文化に触れる [ 6/19 ]
  13. 耳で覚えよう 速い英語 [ 6/26 ]
  14. くだけた表現で自然な会話を [ 7/3 ]
  15. 会話をつなぐ意思を明確に [ 7/10 ]
  16. 思いやり 日米の違い [ 7/17 ]
  17. 説明する力をつけよう [ 7/24 ]
  18. 繰り返し聞いて確認しよう [ 7/31 ]
  19. 電話の英語表現を覚えよう [ 8/7 ]
  20. 「副詞」の表現を覚えよう [ 8/21 ]
  21. エピソードを語る場合は [ 8/28 ]
  22. カタカナ離れて英語の発音を [ 9/4 ]
  23. お見舞いは、言葉に出そう [ 9/11 ]
  24. 互いを語り、友達になろう [ 9/18 ]
  25. さよならの言葉は [ 9/25 ]

“What is this?” これは、なに?
“What is that?” あれは、なに? 
“I don’t know.” わかりません。

2.カード使い、曲に合わせ

    きょうだいを受け持つことがあります。
    おねえちゃんのトモちゃんは5つ。
    おうちでは、おとうとの先生になって、マイキーと学んだ英語を、3つになるヒロシ君に教えているそうです。
    月ごとの英語が書かれた12枚のカードを手に、1月から順に、January(ジャニュアリ)、 February(フェブラリ)、March(マーチ)と歌いながら教えます。
    節はおなじみの「十人のインディアン」です。
    時にはカードを裏返して「4月」なら、April(エイプリル)というふうに。
    お母さんによると、とてもやさしい、すてきな先生だそうです。
     POINT 
    子どもの自然な好奇心を大切に、新しい言葉を覚えてもらうのに、 「What is this?」(ファットイズ ディス)と尋ねるだけならテストと変わりません。
    もっと「子どもを中心に置いて」(student‐centered、スチュデント・センタード)です。
    例えば、子どもたちの目の前で、動物の絵を描いたカードを繰り、裏返しにして1枚を取り出します。
    そこで「What is this?」先生も分からないので、本当の意味での問い掛けです。
    私だけ、そっと見ます。子どもたちは目を輝かせて答えを探し始めます。
    そして、あらかじめ勉強した「Is it big?」(イズイット ビッグ)、 「Is it small?」(スモール)などを使ってヒントを探り出します。
    そんな中で大切なのが「I don’t know.」(アイドン ノウ)と言えること。
    立派な答えです。黙り込むのはいけません。