1. 初めての英語、繰り返して [ 4/3 ]
  2. カード使い、曲に合わせ [ 4/10 ]
  3. 動作に英語を重ねて [ 4/17 ]
  4. “英語の壁” 歌で超える [ 4/24 ]
  5. 五感を働かせて学ぼう [ 5/1 ]
  6. 会話のきっかけ大切に [ 5/8 ]
  7. 大切にしよう くだけた表現 [ 5/15 ]
  8. 自然な会話のきっかけを [ 5/20 ]
  9. 相手の言葉に 誠意を持って [ 5/29 ]
  10. 失敗を恐れず、少しずつ前へ [ 6/5 ]
  11. 多様な個性に合った学習を [ 6/12 ]
  12. 読書を楽しみ、異文化に触れる [ 6/19 ]
  13. 耳で覚えよう 速い英語 [ 6/26 ]
  14. くだけた表現で自然な会話を [ 7/3 ]
  15. 会話をつなぐ意思を明確に [ 7/10 ]
  16. 思いやり 日米の違い [ 7/17 ]
  17. 説明する力をつけよう [ 7/24 ]
  18. 繰り返し聞いて確認しよう [ 7/31 ]
  19. 電話の英語表現を覚えよう [ 8/7 ]
  20. 「副詞」の表現を覚えよう [ 8/21 ]
  21. エピソードを語る場合は [ 8/28 ]
  22. カタカナ離れて英語の発音を [ 9/4 ]
  23. お見舞いは、言葉に出そう [ 9/11 ]
  24. 互いを語り、友達になろう [ 9/18 ]
  25. さよならの言葉は [ 9/25 ]

“Here you are.” はい、どうぞ
“Thank you.”   ありがとう
“You’re welcome.”  どういたしまして

1.初めての英語、繰り返して

    英語がはじめての加古川市のユキちゃんは3つ。
    マイキーも最初は緊張したけれど、ボールやクレヨン、おもちゃで遊びながら「ともだち」になりました。
    おともだちが「はずかしがりやさん」かそうでないか、「活発」かそうでないかをちょっと考えます。
    そして手を差し出して、最初に声をかけるのが「Here you are(ヒア ユーアー)」。
    「ありがとう」とかえってくると「Thank you(サンキュー)」と重ねます。
    ユキちゃんには繰り返して「Thank you」と言ってもらいました。
    何度も言えば自然に身につきますよ。ユキちゃんもこうして、 はじめての英語「Thank you」を学びました。
     POINT 
    ユキちゃんは、学ぶということを意識せずに初めての表現を学びました。
    こうした言語の自然な使い方は、教えてもらう必要はありません。
    どんなレッスン(習い事)も、本物のコミュニケーションを通して自然に学ぶことが大切です。
    お子さんに、ご両親から英語ではなしかけてみてください。
    きっと「Thank you」と返事がきますよ。
    そしたら「You are welcome(ユーアー ウエルカム)」と返しましょう。
    「I’m sorry(アイム ソーリー、ごめんなさい)」 「It’s OK(イッツ オッケー、うん、いいよ)」も簡単です。